RYAN JACOB

最高経営責任者

ライアン ジェイコブは非流動性マーケット、半導体業界の研究を経て2008年にCAEに入社しました。入社後ライアンは従業員数を10倍、売上を100倍まで成長させました。また彼はCAEの取引のオペレーション、インセンティブシステム、ソフトウェア、プロセスそしてデータシステムをデザイン、実現、改良して、収益とコストのモデルを再構築しました。ライアンのリーダーシップの下で、CAEはカリフォルニア州メンローパークにて従業員5人で約100社の顧客関係を持つ企業から、数千社の顧客関係を持つ企業に成長し、カリフォルニア州のサンタクララとニューポートビーチ、テキサス州オースチン、バージニア州ロアノークにオフィスがあります。ライアンは2014年に主要株主になるため経営陣買収を完了しました。

ライアンは, CAEに入る前は、130億ドル規模のグローバルプライベートエクィティ企業であるSummit Partnersの成長株、レバレッジド バイアウト、資本再投資に焦点を当てたプライベートエクィティ投資家でした。Summit Partnersの前は、10億ドルのプライベートエクィティ企業であるEndeavour Capitalのレバレッジド バイアウトと資本再編成に重点を置いていました。これらの企業では、業界の分析、将来の投資について深い財務お呼び運用デューデリエンスを行い、広範囲にわたる熟考され完了された取引を構築し実行してきました。またライアンは、アドオン買収および一般的なコーポレートガバナンスの問題の構築と実行を援助しました。彼はUCLAにて政治経済学の文学士号を取得しました。