RYAN JACOB

最高経営責任者

ライアン ジェイコブは非流動性マーケット、半導体業界の研究を経て2008年にCAEに入社しました。入社後ライアンは従業員数を10倍、売上を100倍まで成長させました。また彼はCAEの取引のオペレーション、インセンティブシステム、ソフトウェア、プロセスそしてデータシステムをデザイン、実現、改良して、収益とコストのモデルを再構築しました。ライアンのリーダーシップの下で、CAEはカリフォルニア州メンローパークにて従業員5人で約100社の顧客関係を持つ企業から、数千社の顧客関係を持つ企業に成長し、カリフォルニア州のサンタクララとニューポートビーチ、テキサス州オースチン、バージニア州ロアノークにオフィスがあります。ライアンは2014年に主要株主になるため経営陣買収を完了しました。