RYAN JACOB

最高経営責任者

Ryanは、2億ドル規模のプライベート・エクイティ・ファームであるCelerity Partnersでプライベート・エクイティ投資家としてのキャリアをスタートさせました。セレリティパートナーズ社では、テクノロジー関連のデレバレッジ、グロースエクイティ、レバレッジド・リキャピタリゼーション投資に注力しました。Ryanは、新規およびポートフォリオ企業の活動を幅広く主導し、参加しました。Celerityの後は、米国北西部のレバレッジド・バイアウトに特化した30億ドル規模のプライベート・エクイティ・ファームであるEndeavour Capitalに勤務しました。最後に、310億ドル規模のグローバルプライベートエクイティグループであるSummit Partners社のパロアルトオフィスで、消費者向けインターネット、メディア、エンタープライズソフトウェア、半導体関連の投資を担当しました。

2008年、Ryan JacobはCAEの会長兼CEOに就任しました。Ryanは、CAEを、半導体市場向けのグローバルなソフトウェアおよびデータ駆動型の取引プラットフォームに発展させました。CAEは、10カ国で事業を展開し、6,000以上の顧客と200人以上の従業員を擁し、この分野の市場および技術のリーダーです。Ryanは、2014年のマネジメントバイアウトで、CAEの最大の投資主となりました。

Ryanは、Jacob Family Holdings, LLCの会長を務めています。Jacob Family Holdings, LLCは、リミテッドパートナーとしてプライベートエクイティファンドやベンチャーキャピタルファンドへの投資、厳選された民間企業の買収・管理、テキサス州、ユタ州、カリフォルニア州での不動産投資の完了に注力している民間投資会社です。ライアンは、複数の民間企業の取締役を務めています。

Ryanは、希少な遺伝性疾患や知的障害、発達障害を持つ成人や子どもたちを対象とした慈善活動に取り組んでいます。Ryanは、知的・発達障害のある成人期に移行しつつある人や成人期にある人にサービスや支援を提供する非営利団体「The Arc of the Capital Area」の理事会の副会長および執行委員会のメンバーを務めています。さらに、ライアン・ジェイコブは、アンジェルマン症候群の治療を目的とした非営利団体Foundation for Angelman Syndrome Therapeutics(FAST)の理事でもあります。FASTは、世界中の学術センターで行われる基礎研究に資金を提供し、有望な治療法を治療専門の企業に移転することで、アンジェルマン症候群の治癒を目指す非営利団体です。

Ryanは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で学士号を取得しています。

Ryanは、妻と3人の子供と一緒にテキサス州オースティンに住んでいます。Ryanの真ん中の息子、グレイソンは、アンジェルマン症候群と診断されました。